本文へスキップ

光洋熱処理株式会社は熱処理加工を専門とする金属加工会社です。

TEL. 06-6709-7381

〒581-0053 大阪府八尾市竹渕東4丁目47番地

会社情報

会社沿革

1938年(昭和13年)
大阪市生野区に梶鋼材工業所の名称で、熱処理専業社としてスタート
1943年(昭和18年)
東亜熱処理鋼業株式会社へ社名変更
1961年(昭和36年)
現地へ全面移転
1964年(昭和39年)
近代化促進法により、連続式球状化焼なまし炉を新設、その後、順次増設
1966年(昭和41年)
光洋熱処理株式会社へ社名変更
1970年(昭和45年)
鉄鋼の焼ならし及び焼なまし加工の日本工業規格表示許可工場(JISB6911)を取得
1974年(昭和49年)
鋼の焼入焼もどし加工の日本工業規格表示許可工場(JISB6913)を取得
1978年(昭和53年)
通産省より熱管理指定工場に指定される
1979年(昭和54年)
大型バッチ式雰囲気炉新設、その後、順次増設
1981年(昭和56年)
大阪府知事より産業振興功労工場として表彰される
1984年(昭和59年)
連続式無酸化なまし炉新設、その後、順次増設
1989年(平成 1年)
工場拡張により連続式焼入焼もどし炉増設
1993年(平成 5年)
全自動バッチ式雰囲気炉増設
1994年(平成 6年)
噴射焼入炉増設
1995年(平成 7年)
全自動バッチ式雰囲気炉増設
1997年(平成 9年)
      〃
1997年(平成 9年)
ソルト浸炭焼入炉新設
1998年(平成10年)
新社屋完成
2001年(平成13年)
光洋精工より亀山熱処理工場全面移管
2002年(平成14年)
ISO9001認証取得
2003年(平成15年)
連続式焼入焼戻し炉増設(亀山工場)
2004年(平成16年)
超薄肉品専用連続焼入炉増設
2005年(平成17年)
連続浸炭SH炉導入
2006年(平成18年)
亀山工場増築
(連続式焼入焼戻し炉2基、噴射焼入炉1基、超薄肉専用連続焼入炉2基)
2007年(平成19年)
連続浸炭炉増設(亀山工場)
2007年(平成19年)
ISO14001認証取得
2008年(平成20年)
連続式焼入焼戻し炉増設(亀山工場)
2011年(平成23年)
ローラーハース式焼入焼戻し炉増設(亀山工場)
2012年(平成24年)
連続式焼入焼戻し炉増設(亀山工場)
2014年(平成26年)
出荷保証棟増築(亀山工場)
2015年(平成27年)
連続浸炭炉増設(亀山工場)